財務・会計

財務・会計

MARUYAMA DAISEI丸山 大誠
DATA 機関名:滋賀大学
所 属:財務課総務・決算係
採 用:平成29年4月1日

仕事内容を聞かせてください

係名のとおり、総務と決算の二種類の業務を担当しています。総務系の業務としては調書や統計の作成など、決算系の業務としては大学の債権管理(授業料や外部資金など)や毎月の決算報告などを行っており、なかでも私は、授業料や入学料などの学生納付金の管理を中心に担当しています。そのほか財務課の他の係に当てはまらない仕事も幅広く行っています。財務課は学生と接する機会がほかの部署と比べると少ないですが、総務・決算係は授業料の問い合わせなどで関わる機会が多い係です。

仕事で印象に残っている
出来事を聞かせてください

毎年、春と秋の2回に分けて行う授業料の請求業務です。本学では在籍する全学生の授業料請求を当係で行っており、また、授業料免除や休学の申請をしているパターンなど様々な学生がいるため、かなり神経を使います。ですが、自分の仕事が大学の収入につながっていると直接実感できる業務ですので、とてもやりがいを感じる仕事でもあります。

数多くの分野の仕事が
経験でき若い世代と
接する機会が多いのは
大学職員ならでは

国立大学法人は研修やセミナーが開催される機会が多く、自分の知識を増やしやすい職場であると思います。また、単に大学職員といっても、学生窓口や研究支援など様々な部署があるため、数多くの分野の仕事が経験できるということも大きいと思います。そして、なにより学生という若い世代と接する機会が多いのは大学職員ならではです。

仕事で、大切に
しているポイントを
教えてください

期末決算業務は、日々の会計業務の一年間の積み重ねなので、当たり前のことですが、日ごろの伝票作成などに間違いがないか目を光らせるようにしています。また、授業料の納付に関する問い合わせがあった際には、学生や保護者の方の目線で対応できるように心がけています。

今後の抱負を
教えてください

決算業務では会計に関する知識が幅広く求められるため、日々の業務を通してより知識に磨きをかけたいと思っています。また同時に、現在採用後初めての部署に所属しているため、人事異動を通して他の部署を経験し、様々な分野の業務に取り組みたいとも考えています。

1日のスケジュール

MESSAGE

大学職員といえば学生との窓口業務を想像される方が多いと思いますが、それ以外にも様々な部署があります。きっと自分が知らなかったいろいろな分野を経験できると思います。

就職活動は長く、不安も募るかもしれませんが、
頑張ってください。一緒に仕事ができる日を
楽しみにしています!