国際交流

国際交流

KIRIHATA YUKI切畑 友希
DATA 機関名:大阪大学
所 属:国際学生交流課学生交流推進係
採 用:平成26年4月1日

仕事内容を聞かせてください

留学生の受入や本学学生の派遣を担当する部署で、主に交換留学以外の短期受入と短期派遣、それらに係る奨学金を担当しています。主な業務内容ですが、留学生の受入の場合は宿舎確保や保険などの各種手続き、研修旅行の引率など、派遣の場合はフライト手配やオリエンテーション実施準備などです。奨学金に関係する業務としては支援対象者の選考、支払い手続き、報告書の作成などを行っています。

仕事で印象に残っている
出来事を聞かせてください

異動1年目の留学生受入プログラムの開始日に、大阪北部地震が発生しました。午前8時頃の地震でしたが、留学生たちは予定よりも早く大学に来ていたため、何とかオリエンテーションを行うことができました。電話も通じにくい中、どうにか寮の管理人らと連絡を取り、彼らを予定していた宿舎に送ることができました。地震を経験したことがなく怯えていた学生もいましたが、プログラム終了時には参加できてよかったと言ってくれたので、印象に残っています。

受入と派遣のチームと
連携を取ることを
心がけています

受入、派遣のそれぞれの担当者が独立して業務を行っているので、担当者が休んでしまうと、他の人では対応ができないという課題はあります。そのため、なるべくコミュニケーションを取るようにし、誰がどのような業務をどこまで行っているのかを把握するようにしています。受入と派遣の両方を担当しているのは、課内で私だけなので、両方のチームと連携を取ることを心がけています。

仕事で、大切に
しているポイントを
教えてください

学生対応では、こちらが予想していなかった問題が起きることが多いので、臨機応変に対応するように心がけています。また、受入も派遣も学生たちにとって初めての海外留学となることがほとんどなので、丁寧に対応するようにしています。

今までの研修で
印象に残っている
ものはありますか

日本学術振興会(JSPS)の国際学術交流研修に参加し、東京とドイツでそれぞれ1年ずつ国際研修を受けたことは良い経験になりました。
特にドイツでは、学術に対する政府の姿勢など日本との違いに触れ、とても有意義な一年でした。

1日のスケジュール

MESSAGE

自分がどういう仕事をしたいのかをイメージすることはもちろん大切ですが、
考えてもいなかった仕事を好きになるかもしれないので、

閉鎖的にならず、広く受け止めることも
大切だと思います。