キャリアパス

主 任

MIYAZAKI KAYO宮崎 佳代
DATA 機関名:兵庫教育大学
所 属:総務企画課総務チーム
採 用:平成20年8月1日

これまでに経験してこられた
業務と現在の業務内容について
教えてください

最初に財務課で、職員宿舎の管理や予算の作成などの業務に携わった後、総務課で給与支給や共済組合(健康保険・年金)の業務、学生支援課で授業料免除の手続き業務、入試課で入学試験の実施業務などを担当しました。現在の総務企画課総務チームでは、日本教職大学院協会(全国の教職大学院が加盟する協会:本学が会長校)の事務局担当として、他大学と協力しながら協会の運営、研究大会開催などの業務を行っています。

これまでの仕事で一番印象に
残っている事を教えてください

ここ2年ほどの間に、新型コロナウイルスの影響で大学の業務が大きく変わったことが印象に残っています。私が所属していた入試課では、大学院の入学試験をオンライン面接等の方法に変更したり、会場で行う入学試験についても感染対策を行うなどしました。前例がない中で、他大学だけでなく民間企業で行っている事例も参考にしました。これからは教育関係に限らずいろんな方面の事例を取り入れて、新しい方法を見つけることも必要だと実感しました。

チーム全体として
業務が円滑に
進むように心がけています

主任には、実務もこなしつつ、自分で計画して案を出すことも求められていると感じます。また、主担当の業務以外にも、他の職員が行っている業務や予定を把握し、忙しそうな時は手伝えることはないか声をかけ、分からないことや疑問に思ったことはないかを聞くなど、チーム全体として業務が円滑に進むように心がけています。

今後の抱負を
聞かせてください

知識や経験を積み上げていくだけでなく、上司・後輩・その他関わった方から、仕事の進め方・物事の考え方など、よいと思うところを積極的に取り入れて、何にでも柔軟に対応できる職員になりたいです。

採用から現在に至るまでの
経歴を教えてください

平成20年 8月 財務課財務企画チーム 採用
平成24年 4月 総務課人事労務チーム
平成27年 7月 学生支援課学生支援チーム
平成30年 4月 学生支援課学生支援チーム 主任
平成30年 7月 入試課入試チーム 主任
令和3年 4月 総務企画課総務チーム 主任

MESSAGE

ここ数年、デジタル化が急速に進んでいる中で、私の所属大学でも仕事の進め方が大きく変わっています。これからの社会の変化に対応するためには、

新しい視点を持ったみなさんの力が必要です!

係 長

SASAKI AYAKO佐々木 彩子
DATA 機関名:国際日本文化研究センター
所 属:研究協力課国際研究推進係
採 用:平成21年4月1日

これまでに経験してこられた
業務と現在の業務内容について
教えてください

もともと非常勤職員として国際日本文化研究センターにて国際交流の業務(主に外国人研究者受入)を担当していました。その後、奈良先端科学技術大学院大学に採用され、留学生業務に長く携わり、他にも研究科事務室や学生支援の仕事を担当しました。人事異動で国際日本文化研究センターに戻り、現在は国際研究推進係長として、研究所の国際交流の主軸となる「国際日本研究」コンソーシアム事務、国際シンポジウム運営、外国人研究者受入業務と研究所の基幹となる基幹研究プロジェクトの事務に携わっています。特に「国際日本研究」「国際日本学」を掲げる研究所や大学を会員機関とする「国際日本研究」コンソーシアムの海外展開に向けて、頑張っているところです。

これまでの仕事で一番印象に
残っている事を教えてください

世界各国から来られる外国人研究員の先生方とご家族の受入れから、約1年間にわたる滞在中の生活支援を含めたサポートと帰国までの業務を全て担当し、今まで200名を超える外国人研究員の先生方とお会いしてきました。世界各国の先生方との深い関わりを経て、その中で多様な文化を理解することの大切さ等を実感しました。この経験そのものが私のキャリアにおいて最も印象に残っており、得難い貴重な財産として、国際交流業務を行う上での基盤となっています。

業務内容が幅広く
係内の協力と
チームワークは不可欠

係長に求められている教員との連携、所内他部署との円滑な協力を常に心がけ、業務が滞りなく進むよう努めています。私の係は国際交流から基幹研究までと業務内容が幅広く、係内の協力とチームワークは不可欠です。常に漏れのない情報共有を意識し、係全員が仕事をしやすい雰囲気作りを心掛けています。また、係員にも多くの経験を積んでもらえるよう意見を積極的に取り入れ、やる気向上に繋がるように心がけています。

今後の抱負を
聞かせてください

日文研の研究と国際交流の中心を支える係の係長として、教員にもアイデアを提案できるよう国際交流業務のスペシャリストとしての知識を増やし、重要な研究を担う教員の支援のみでなく、研究所全体の発展に貢献したいと思っています。

採用から現在に至るまでの
経歴を教えてください

平成21年 4月 奈良先端科学技術大学院大学学生課留学生交流係 採用
平成25年 4月 奈良先端科学技術大学院大学学生課留学生交流係 主任
平成27年 10月 奈良先端大バイオサイエンス研究科事務室 主任
平成28年 4月 奈良先端大バイオサイエンス研究科事務室 専門職員
(平成30年4月から1研究科になり先端科学技術研究科へ名称変更)
平成30年 7月 先端科学技術研究科 係長
令和元年 7月 教育支援課学生支援係 係長
令和2年 10月 国際日本文化研究センター 研究協力課国際交流係 係長
令和3年 4月 国際日本文化研究センター 研究協力課国際研究推進係 係長
(令和3年4月から2係が統合)

MESSAGE

国内・国外に誇る研究を担っている教員との距離も非常に近く、研究を支えることができるのは国立の研究機関でしか経験ができない魅力です!!

皆さん、一緒に「日本研究」を
世界に発信していきましょう!!

室長補佐

HAYASHI KENJI林 憲司
DATA 機関名:滋賀医科大学
所 属:会計課病院経営企画室
採 用:平成8年4月1日

これまでに経験してこられた
業務と現在の業務内容について
教えてください

採用時は、滋賀大学事務局会計課に着任し、共済組合(短期)給付業務に従事したことを皮切りに、学部の出納、謝金、旅費業務を行いました。その後滋賀医科大学へ赴任し、予算・決算、病院再開発、病院機能評価受審事務、病院収納業務(督促等を含む)、会計課経理担当補佐を経て現在に至ります。
現在は、病院運営に関する収支状況や各種統計、会計関連伝票や各種書類の決裁業務のほか、病院で開催される各種委員会等に陪席し室長のサポート等を行っています。

これまでの仕事で一番印象に
残っている事を教えてください

平成20年7月より病院再開発推進室へ配置換えとなり、これまで予算要求の関連として見ていた病院再開発を直接担当することになりました。机上と実践の違いに戸惑いながらも、医療現場の最先端で勤務する色々な職種の方と協力しながら進めていく再開発は、日々の進行具合もできあがったものも全てが目に見える形で現れるため、いつもトップスピードで駆け抜けることができました。

室長の業務をサポートし
室の業務を円滑に
進めることを常に
心がけています

現在、在籍している会計課病院経営企画室は、室長以下14名、2係の小さな室ですが、室長補佐(課長補佐に相当)として室長の業務をサポートし、室が所掌している業務が円滑に行えるよう、時には関連する部署等との折衝等を積極的に行うなど、室の業務を円滑に進めることを常に心がけるようにしています。
また、室員の皆さんが気軽に声を掛けられる存在であるように心がけています。

今後の抱負を
聞かせてください

この世界で働いていると、常に学びがあることに気付きます。その気付きが続く限り、多くのことを学びながら、そこで得た知見を時代に合わせたアップデートをしつつ、未来を担っていく世代に伝えていければと思います。

採用から現在に至るまでの
経歴を教えてください

平成 8 年 4月 滋賀大学会計課に採用
平成10年 10月 滋賀大学教育学部に配置換
平成13年 4月 滋賀医科大学総務部会計課に転任
平成20年 7月 滋賀医科大学病院再開発推進室主任
平成24年 4月 滋賀医科大学病院管理課病院企画係主任
平成26年 4月 滋賀医科大学医療サービス課収納係長
平成29年 10月 滋賀医科大学会計課予算係長
令和元年 10月 滋賀医科大学会計課課長補佐
令和 2年 4月 滋賀医科大学会計課病院経営企画室室長補佐

MESSAGE

色々な夢を持ってチャレンジされていることと思います。

その思いを常に忘れることなく、最新のものにアップデートしながら頑張ってくださいね。

課 長

SUNADA SHINYA砂田 真也
DATA 機関名:京都工芸繊維大学
所 属:総務企画課
採 用:昭和61年4月1日

これまでに経験してこられた
業務と現在の業務内容について
教えてください

学生課から始まり、夜間の大学に通いながら、その後は主に会計系を担当しました。途中、大学評価・学位授与機構(現在の大学改革支援・学位授与機構)での勤務も経験し、施設、財務、総務系にも携わっています。管理職として、評価・広報課、総務課、企画課、産学・地域連携課、研究推進課を経て、現在は総務企画課長となり、役員会などの総務業務、組織改編の企画業務、コロナ対策などの危機管理業務、法規、広報、評価、秘書等の業務を担当しています。こじんまりとした大学なので、様々な担当を経験しています。

これまでの仕事で一番印象に
残っている事を教えてください

学外拠点の開所式を段取りした時の話です。私は課長として来賓対応を主に担当していましたが、式の直前に身内の不幸があり、急遽1週間不在にしてしまいました。1週間後、準備の進み具合を少し心配しながら出勤すると、課員のみなさんが、来賓の方々はもちろん学内関係者との調整等を完璧にやってくれていて、本当に助かりました。課員と情報を常に共有していたことが良かったと改めて感じましたし、一緒に働く仲間に心の底から感謝したことです。

現場で適切な判断が
できるよう課員と共有し、
現場が導き出した
考え方を尊重する

管理職になると、出席する会議も多く、執行部との関わりも増えてきます。現場で適切な判断ができるよう、情報や役員のこだわり等を課員と共有し、それらを踏まえて現場が導き出した考え方を尊重するよう努めています。また、秘書室長をしていた時に企業等のトップの方と接する機会が多くあり、共通して感じたことは、品格があり、奢らず、謙虚な人格者であるということです。彼らのように周囲に自ら動く動機を感じさせるところは、私自身も意識しています。

今後の抱負を
聞かせてください

一緒に働く仲間と、共に成長し、互いを思いやる環境を築くことができれば、仕事を楽しく遂行できます。結果として、困難なことも助け合ってやり遂げられます。どうせやるなら楽しく働きたいですね。

採用から現在に至るまでの
経歴を教えてください

昭和61年 4月 学生部学生課学生係
平成元年 4月 工芸学部会計係
平成 2年 4月 工芸学部会計第一係
平成 5年 4月 庶務課大学院係
平成 7年 4月 会計課給与・共済係
平成10年 4月 会計課司計係
平成12年 10月 会計課総務係
平成13年 4月 大学評価・学位授与機構評価事業部評価第3課研究評価第3係
平成14年 4月 大学評価・学位授与機構評価事業部評価第3課研究評価第3係主任
平成15年 4月 施設課企画係長
平成18年 9月 財務課予算係長
平成22年 8月 総務企画課総務企画係長
平成24年 7月 総務企画課秘書係長
平成25年 4月 総務企画課副課長・(命)秘書室長・(兼務)秘書係長
平成27年 4月 評価・広報課長・(兼務)広報室長
平成27年 8月 総務課長
平成27年 11月 企画課長・(兼務)秘書室長・(兼務)SGU支援室長
平成28年 4月 研究推進課長
平成28年 10月 研究推進課長・(兼務)産学・地域連携課長
平成29年 4月 研究推進課長
平成31年 4月 総務企画課長

MESSAGE

大学は企業と違い、組織としての意思決定が難しい組織です。
だからこそ、周りから信頼されることが必要であり、人間力が重要になってきます。

仕事の能力だけでなく、自身の人間力も高めていきましょう。

先輩カラのアドバイス