病院事務

病院事務

SOMEI HAYATA染井 駿太
DATA 機関名:神戸大学
所 属:医事課医事係
採 用:平成31年4月1日

仕事内容を聞かせてください

医療事務における総務的な業務として医療法に基づく申請や施設基準に係る届出を行うことが主な仕事です。大学病院をはじめ、医療機関において適切に診療を実施し、診療報酬を算定するためには、法令・規則に則った手続きや運用・管理が必須となります。これらの申請や届出において理解が不足し、漏れや誤りが発生すると法令違反となることもあるため、1つ1つ要求されていることを正確に把握しながら、日々緊張感を持って業務に取り組んでいます。

仕事で印象に残っている
出来事を聞かせてください

病院内に新たに病室を設置し、実際に運用するまでに必要な申請に係る業務に携わったことが印象に残っています。申請の際には設置前の状態だけではなく、設置後どのような運用がなされるのかを確認しなければならなかったため、申請業務は単なる事務処理として手続きをすれば終わりというものではなく、むしろ申請後の病院としての運用や管理の体制が問われた際に答えられるようにするものであると気づいたことは、今でも仕事をするうえで大いに役立つ考え方になっています。

遵守管理の「質」を
上げることが
1つの課題であると
考えています

法令遵守に関わる業務に取り組んでいるということもあり、病院内の状況・実態を正確に把握することはもちろんのことですが、それ以上に遵守管理の「質」を上げることが1つの課題であると考えています。
具体的には、法令に関わる複雑な情報を整理した図表や文書を係内で共有したり、関係部署と定期的に管理状況を確認し合えるように連絡体制を構築したりするなどの取り組みを行っています。

仕事で、大切に
しているポイントを
教えてください

限られた時間の中でも、分からないことは積極的に知識を身に付ける姿勢を大切にしています。その際には自身で関連の書籍や文書を調べるだけでなく、係内や関係部署へ相談することもあれば、勉強会等でお世話になったメンバーに相談することもあります。

今後の抱負を
教えてください

自ら収集した情報をもとに、課題に対する解決策の立案や企画ができる職員になりたいです。今はまだ、日々の業務で必須となる専門的知識を覚えるだけでも苦労していますが、身に付けたスキルを活かし、他部署と連携して業務に取り組みたいと考えています。

1日のスケジュール

MESSAGE

病院への配属が決まった当時、その業務内容は想像もつきませんでしたが、
今ではやりがいを持って仕事ができています。
一口に大学職員といってもその業務は多岐に渡るので、

新たな発見が皆さんを待っていると思います。