病院事務

病院事務

KONISHI NOBUYOSHI小西 延欣
DATA 機関名:滋賀医科大学
所 属:クオリティマネジメント課病院企画係
採 用:平成25年4月1日

仕事内容を聞かせてください

私が所属しているクオリティマネジメント課病院企画係は、病院内の総務担当部署として主に各部署との連絡調整の役割を担っている他、「医事法規」業務として、医療法等に基づく各種申請・報告、施設基準に係る届出、先進医療の届出等を担当しています。
特に医療法等に基づく各種申請・報告、施設基準に係る届出に関しては、申請漏れがあると法令違反となる場合や、病院経営にも大きく影響することになるので、緊張感をもって業務にあたっています。

仕事で印象に残っている
出来事を聞かせてください

特に印象に残っている業務は、平成30年度診療報酬改定への対応です。医療機関の診療に対して、保険から支払われる報酬は、物価や人件費などの動向に応じて、2年に1度、改定が行われます。改定では、施設基準の新規追加や要件が見直され、施設基準の取得が病院経営に大きく影響します。施設基準の取得にあたっては、病院内の様々な部署と連絡・調整が必要で、多くの情報を整理するだけでも苦労しましたが、実際に施設基準を取得することで病院経営に貢献していることを実感できるなど、達成感を感じました。

勉強会・研修会等に
参加して、
日々、自己研鑽に
励んでいます。

施設基準や医療法に基づく各種届出に関して、法令遵守管理業務の質を高めることが1つの課題となっています。法令遵守状況を管理するためには、病院内の状況を確実に把握することはもちろんのこと、担当者として膨大な専門的知識が求められますので、法令や参考書を熟読するとともに、勉強会・研修会等に参加するなどして、日々、自己研鑽に励んでいます。

仕事で、大切に
しているポイントを
教えてください

大学・大学病院は大きな組織なので、組織としての方針・目標と自分の仕事の方向性を一致させるためには、自分からの視点だけでなく、全体を俯瞰して、客観的に物事を見ることが必要であると感じています。

今までの研修で
印象に残っている
ものはありますか

文部科学省における行政の実務を体験できる「文部科学省行政実務研修」が印象に残っています。大学職員として必要な知識、スキルを取得することができ、文科行政への理解が深まるとともに、全国の大学から研修生が参加するため、広く多様な人脈を作ることができました。

1日のスケジュール

MESSAGE

国立大学法人等職員の業務は、単なる事務処理ではなく、多職種と連携協力し、企画・立案・実行することが求められており、大きなやりがいを感じられる職業です。

みなさんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。