採用までの流れ

採用までの流れ

近畿地区国立大学法人等の職員採用試験は、下記のような流れで行われます。

12月以降

情報収集

国立大学法人等の組織や業務について理解を深めるために説明会への参加、
パンフレット入手やHP閲覧による情報収集をお勧めします。

3月以降

会員登録

受験申込の前に国立大学法人等グループ会員サービスへの登録手続きが必要です。

5月13日(水)10:00~
5月27日(水)17:00 

受験の申込み

申込方法はWEB受付のみとなります。

7月5日(日)

第一次試験

第一次試験は全国同一試験日であるため、他地区との併願はできません。
第一次試験の合格者は教養試験(筆記)の結果に基づき決定します。

7月22日(水)

第一次試験合格発表

合格者の受験番号をHPに掲載します。
また、合格者には合格通知となるメールを送付します。

7月27日(月)以降

機関訪問

機関訪問は機関との情報交換の場です。訪問は必ずしないといけないわけではありませんが、様々な情報を得ることができる貴重な機会ですので、積極的に参加してください。

7月30日(木)以降

第二次試験

第一次試験合格者に対して採用予定機関で個別に実施します。(併願も可能です)
また、第二次試験の受付も採用予定機関が行います。試験方法は面接等です。
※図書の合格者には8月1日(土)に別途専門試験(筆記試験)が行われます。

最終合格(内定)
第二次試験の後、採用予定機関から通知します。
内定を受けた方の手続きについてはこちらをご覧ください。

採 用

注意事項

※「第一次試験合格者名簿」の有効期間中は、各国立大学法人等の欠員状況により、第二次試験が行われることがあります。引き続き採用を希望される方、また辞退される方の手続きについてはこちらをご覧ください。

※図書および技術系区分の第一次試験合格者のうち、採用試験実施年度の11月1日以降、近畿地区以外の各地区(北海道、東北、関東甲信越、東海・北陸、中国・四国、九州)での採用も希望された方については、他地区において第二次試験を受験できることがあります。