奈良文化財研究所

[職員数]教職員数83名(うち事務職員20名/施設系技術職員2名)
[採用担当]国立文化財機構本部事務局総務企画課人事担当
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9 ☎03-3822-2438
[施設窓口]総務課総務係
〒630-8577 奈良市二条町2-9-1 ☎0742-30-6733

平城宮跡や藤原宮跡の発掘調査をはじめ、建造物、古文書など個々の文化財の調査研究、飛鳥保存のための調査研究と展示普及などをおこなっています。

奈良文化財研究所は、文化遺産を総合的に研究する機関です。奈良は南都とも呼ばれる古都で、多数の古建築や古美術品があり、これらを総合的に研究する目的で設立されました。1950年代に起きた平城宮跡の保存問題を契機に、平城宮跡や藤原宮跡の本格的な発掘調査と研究を進めてきました。近年は貴重な埋蔵文化財を保護するために当研究所が開発した保存・修復・整備などの技術は、日本国内のみならず、全国各地や世界の遺跡・遺物に活かされています。さらに、発掘調査に携わる自治体専門職員や海外の研究者も対象とした研修・共同研究などを行うセンター的な役割を果たしています。また、研究成果は、国内外の文化財研究、学術交流、国際支援にも大きく寄与し、中国や韓国の文化財研究所との恒常的な共同研究としても結実しています。

奈良文化財研究所が求める人材

事務職員は、総務・人事、会計、研究協力などに従事し、研究員はじめ多くの人と連携を図りながら研究活動を支援・推進しています。協調性と忍耐力を持った人材を歓迎いたします。