国立曽爾青少年自然の家

〒633-1202 奈良県宇陀郡曽爾村太良路1170 ☎0745-96-2121
[職員数]教職員数14名(うち事務職員14名)
[採用担当]総務係

青少年教育のナショナルセンターとして、大自然の中での体験学習や宿泊活動など様々な自然体験活動を通して、青少年の豊かでたくましい心と身体を育むことを目指しています。

国立曽爾青少年自然の家は、奈良・三重県境のススキで有名な曽爾高原内に位置しています。周辺の豊かな自然を舞台に、登山や星座観察など自然体験活動の提供や指導・支援のほか、長期キャンプなどの主催事業も行っています。

国立曽爾青少年自然の家が求める人材

職員数は非常勤職員を含め現在22名と小規模ですが、教員や機構職員、国立大学法人からの出向職員等幅広い分野の職員がいます。業務内容は多種多様で、利用者からの反応が直接返ってくるため、大変やりがいのある職場です。
業務では、天候等常に変化する状況を把握し、様々な年代の利用者に合わせてわかりやすく助言・説明するなどコミュニケーション能力が重要となります。また、業務を受動的にこなすのではなく、積極的に取り組む方を求めます。
青少年を取りまく問題が深刻化する中で、協調性・主体性を育み、生きる力を養う自然体験活動は一層重要視されています。利用者から「また来るよ!」といった言葉や感謝の手紙をもらった時の喜びは何にも代え難いものです。感動のある職場で一緒に働きませんか。