国立民族学博物館

〒565-8511 吹田市千里万博公園10-1 ☎06-6878-8206
[職員数]教職員数103名(うち事務職員46名/図書職員2名/施設系技術職員3名)
[採用担当]総務課人事係

博物館機能をもつ研究所として、世界各地で文化人類学・民族学とその関連分野についての研究を推進しています。

国立民族学博物館(みんぱく)は、自然豊かな万博記念公園内に位置しており、現在60名程の研究者が、国内外の大学・研究機関との学術交流を進めながら、文化人類学・民族学を中心とした様々な関連分野の研究を行い、研究成果を博物館展示として社会に還元しています。
また、総合研究大学院大学の文化科学研究科(地域文化学・比較文化学)がおかれ、大学院教育にも力を入れています。

国立民族学博物館が求める人材

事務系職員が担っているのは、総務、人事、財務といった組織の基盤を支える管理業務だけでなく、研究者の研究支援、博物館展示、広報活動、各種企画事業に関する業務など多岐に渡る反面、少ない職員数で館全体の業務を支えていくことになります。
そのため、博物館職員の一員として独自性を発揮することができ、形式や枠にとらわれることなく、広い視野から物事を考え、コミュニケーションを大切にし、自ら積極的に行動できる人材を必要としています。
皆さんのチャレンジ精神を存分に活かし、将来のみんぱくを担う人材として、一緒にこれからのみんぱくをつくり上げていきましょう。